CAMELEO MAGAZINE

本当にその年収希望であってる? 知っておかないと損する年収の計算方法

記事 本当にその年収希望であってる? 知っておかないと損する年収の計算方法のアイキャッチ画像

 

現状は売り手市場!転職チャンス到来中?

 

まず最近は景気回復に伴って、転職マーケットは活性化しています。

 

求職者数に対する企業の求人数の割合を「有効求人倍率」というのですが、2017年度の有効求人倍率は1.54倍と、前年度の1.39倍を上回っています。

 

つまり、求職者数よりも求人数のほうが多いということですから、転職を考えている人にはチャンス到来というワケなんです。

 

リクルートキャリアの調査によれば、17年度の転職者のうち、「転職後の給与が1割以上増えた人」が全体の約3割に上り、02年度以降、最も高い水準とのことなんです。

 

 

あなたが転職をするなら、「欲しい年収」をどのように計算しているでしょうか?

 

正直、年収平均とかみてもわからなかったりしませんか?

 

そこで今回は「自分にとって必要な年収っていくらなんだろう?」といった疑問を解決する方法をお伝えできたらと思います。

 

 

戦略的に希望年収を算出することが大切

 

もしあなたが、「今の月給より2万円くらい多いとうれしいな」などといった、「なんとなくの希望額」では計算していれば要注意。

 

転職後の生活をよりよいものにするためには、その感覚だけでは達成することが難しくなってしまいます。

 

ではどうやって計算していけばいいのか?手順は次の通りです。

 

①(「支出に回るお金」/月+「貯蓄したいお金」/月 ) × 「12ヶ月」 分を求める

 

例えば、月の支出額が19万円で転職後に貯蓄したい額が年間6万円だとすると、228万円+72万円、合わせて300万円のお金が必要ということ。

 

ただ、「帰省費用」「冠婚葬祭費」「旅行費用」など突発的に発生する支出のこともお忘れなく。

 

②そこから額面年収を算出する

 

上記の、300万円は「手取り」であって、いわゆる「年収(額面年収)」ではありません。※「手取り」は、「額面」から所得税・住民税、社会保険料を差し引いたものです。

 

だいたい、転職先企業と給与などの条件交渉をするときには、「額面」での交渉です。なので、「手取り年収」だけではなく、「額面年収」も導き出す必要があります。

 

さきほどの「支出額が228万円で、72万円くらい貯蓄したい」ケースであれば、必要な手取り額は300万円。額面年収だとおよそ375万円です。

 

ほかにも例を挙げておきます。

 

【額面年収→手取り年収】

350万円→279万円
400万円→317万円
450万円→354万円
500万円→390万円

※いずれも40歳未満で税務上の扶養家族がいないケース

 

例に挙げた年収帯ですと、手取りは額面に対して78~80%くらいです。年収が高くなると、所得税の税率がアップするので、手取りの割合は小さくなります。

 

 

まとめ

1:必要な手取り年収(支出+貯金額)を算出する

2:額面年収を算出する

 

いかがでしたでしょうか。手取りと額面の差は意外と大きいですね。

 

自分のリアルな生活に基づいた「手取り」と、そこから算出した「額面」の両方で考えておくのが戦略的に希望年収を把握する方法です。

 

転職後に「貯めたい額」をあらかじめ折り込んでおくのが大切なんです。

 

そもそも多くの人は、暮らしていくのに必要な支出額を「月単位」では分かっていても、「年単位」で考えていません。

 

ですので転職を機会に年間支出額を振り返ってみるといいでしょう。書き出してみると、ムダな支出を発見できるかもしれませんね。

 

 

ただ注意しておいてほしいのが、CMや広告で影響されて「誰でも収入アップができるんだ!」と思い込んでるかたもいらっしゃいますが、そういうワケではありません。

 

あくまで「しやすい」のであって、年収を増やすためにはそれ相応のスキルやキャリアが必須です。そこを前提に、今より年収水準の高い会社に転職することで年収アップを実現できます。

 

この絶好のチャンスを活かしていきましょう!

カテゴリー