CAMELEO MAGAZINE

将来、あなたの給与を上げ続けるために今からすべきこととは?

記事 将来、あなたの給与を上げ続けるために今からすべきこととは?のアイキャッチ画像

お世話になります。株式会社キャメレオです。

 

「私は転職するんだ!」

 

と思い立ったが吉日、早速あなたはいろんな求人をみていくと思います。

 

そこであなたは、特に何を基準にお仕事を探しますでしょうか?

 

「勤務時間ができるだけ短くしたい。でも、給与もしっかり欲しい。休みもバッチシあって。。。」

 

と、希望条件を全て詰め込みたい!というかたもいらっしゃるとおもいますが、そんな条件を全て飲み込んでくれる求人はそうありません。

 

あったとしても、そういった求人はハイランク、ハイキャリアをお持ちの求職者がかっさらいます。好条件の求人は倍率が高いですからね。

 

だからこそ、転職するかたの多くは何を優先するのか、という”ベース”を作ります。

 

そこで今回は

「やっぱり転職するなら納得のいく給与をもらいたい」

「給与だけはさすがに外せない」

というベースを決めたかたにみていただきたい内容になります。

 

というのも、正直なところ転職しないほうが給与があがっていくひともいるからです。むしろ、逆に転職して給与が下がるひとも多くいらっしゃいます。

 

ですので、今回はまずそもそも転職するべきかどうか、そして転職する(将来的にも)とすれば身につけておいてほしい”視点”をお伝えできたらと思います。

 

20代は「アンバランス」な給与

 

20代のかたは突き抜けたスキルや経験がなくともポテンシャル(=伸び代)で採用されることが多々あります。

 

なぜなら企業は”今”のキャリアにそこまで即戦力として期待していないからです。つまり将来への投資として採用しています。ですので、あなたの現在のキャリアや持っているスキルに比べて非常にアンバランスな給与が払われるケースも多いです。

 

つまり、「今の評価よりも過大に評価された」給与が支払われやすい、ということ。

 

 

ですので将来的に転職して給与が上がる人と、転職して下がってしまう人の天下の分け目になるのは、ここを認識しているかどうかなんです。

 

だからこそ、20代のうちは仕事をしていくなかで「他社からも評価されうるスキル」、つまり”専門性”を高めていくことが肝心になります。

 

”専門性”はあなたの資産になります。その資産は他にも応用することができるスキルです。ですので、どんな仕事の分野でもよかったりしますが、できれば将来周りから必要とされる可能性が高いモノを率先してトライしていくことがいいでしょう。

 

30代は「即戦力」な給与

 

一方で30代ともなればまさに「経験者採用」であり、期待値と実績のバランスによってシビアに給与水準も決まることになります。

 

特に、先ほど述べた”資産”を持っていない社会人ほど、人事評価や転職において評価されることはありません。いわゆる「私なんでもできます!」型はあまりいい思いができないのです。

 

20代のうちにそのような”資産”を積むために、転職すればすべて解決!というわけではありません。最初のステップとしては、現在の職場においてそういった”資産”が詰めるような仕事、業務があるかどうかをまずは探す、ということを心掛けましょう。

 

専門性を得るには「ループを回せ」

 

そして、”資産”を得るためには、会社での仕事以外でも大切なことがあります。

 

それは、仕事に関連した勉強を自分でこなす、つまり学習と実践のループを回す必要があります。

 

なぜなら、他社でも通用する”資産”を得ようと思ったら勉強を通じて一般論や一般解を学び、

 

そのうえで実務を通じて会社固有のやり方を身に付け、どんな状況でも応用できる態勢を整える必要があるからです。

 

学習だけでは単なる頭でっかちですし、実務だけでは現在の会社でしか通用しない知識しか学べない可能性が高いからです。

 

まとめ

 

1:20代は「アンバランス」な給与

2:30代は「即戦力」な給与

3:専門性を得るには「ループを回せ」

 

いかがでしたでしょうか? 以上があなたが将来的に、給与を上げ続けるために必要な視点です。

 

こういった視点がなければ、金銭面に現状問題があったとしても解決には絶対につながりません。仮につながったとしても、人生100年時代といわれる職業人生を生き残ることは非常に厳しくなりつつあります。

 

キャリアは短距離走ではなく長距離走です。経済状況、個人の状況、会社の状況などといった複雑に変わっていく時代の中で長期にわたって生き延びることを考えなくてはいけませんから、決して大げさなことではありません。

 

短期的視点に立ち、とりあえず現状満足できる給料がもらえればオーケーではなく、ぜひ長期的視点に立ち、継続性という観点からキャリアを考えてみてください。

 

繰り返しですが、具体的なスキルがあって初めて金銭面で評価されるのです、逆はありません。

 

あなたがそのような視点に立ち、具体的スキルと経験を通じてこの先の職業人生を切り開かれるであろうことを応援しております。

カテゴリー